Haman Karn Blog

Haman Karn and Marsist Revolution: Dark Energy Beyond the Time

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:-- |
  2. スポンサー広告
  3. | ▲HOME

Episode 8: 革命指導者ハマーン・カーンの誕生 "Haman Karn as Leader of Revolution"

08a
  • 89年末からサンズがハマーン様獲得に乗り出したのは、地球的価値観をラディカルに否定し、火星圏に大いなる希望をもたらす真のリーダーを、人々が待望し始めていたからです。革命指導者とは独裁者でも単なるカリスマでもなく、人々と共に闘い、人々の革命的潜在力を具体的な革命エネルギーに転換し方向付ける媒介者です。


  • 数年前はハマーン様を危険視していたグループも、ラムダがハマーン様を革命指導者に推し、ハマーン様もラムダの考えを受け入れ、多くの民衆が密かにハマーン様を支持し始めたことで、ハマーン様をサンズに迎え入れる決意を固めたのです。時代は急激に動いていました。


  • 人類はこれまでも抑圧と闘う革命リーダーを求めてきました。旧世界においてもエマ・ゴールドマン (Emma Goldman)、マハトマ・ガンジー (Mahatma Gandhi)、ヨシップ・ブロズ・チトー (Josip Broz Tito)、ローザ・ルクセンブルク (Rosa Luxemburg)、ホー・チ・ミン (Ho Chi Minh)、アーネスト・チェ・ゲバラ (Ernesto Che Guevara) のような革命的英雄を産んだ時代がありましたし、初期のスペースノイドにとってはジオン・ダイクンがそれに匹敵する人物だったと言えます。しかし人類を地球的抑圧から完全に解放し真に新しい生命へと進化させることのできた革命家は残念ながらいませんでした。今ついに人類は、新たな生命体である真の「革命の母」ハマーン・カーンに出逢ったのです。


  • ハマーン様をサンズに迎えたあの日、ハマーン様は私たちにこう言ってくれたんです。「私はあきらめはしない、もう目覚めたから。栄光あるサンズの革命家たちよ、私とともに手を携えて、新しい人類の世作りをしようではないか」


  • 私はネオジオン時代のハマーン様の映像は何度も見ていたんですが、ハマーン様を直に見たのは実はこの時が初めてでした。いろいろ辛いことを経験されてきたと思いますが、私が想像していたよりも元気で嬉しそうな表情をしていたのが印象に残っています。かつての威厳は健在ですが、話し方が少し落ち着いて一つ一つの言葉に奥深さが増したような気がしました。アクシズで苦労されてきたハマーン様は、火星圏でアナハイムと孤立無援で闘ってきた私たちに強いシンパシーを感じてくれたんだと思います。


  • ハマーン様の理想はすぐに火星圏の解放と進歩を願う多くの人々の思いと溶け合い、革命の気運が一気に高まりました。ハマーン様は火星主義革命運動のリーダーとなったのです。


  • スポンサーサイト

    1. 2006/04/11(火) 02:07:44 |
    2. Episodes
    3. | Trackback:0
    4. | Comment:0
    5. | 宇宙時代 : その他 | ▲HOME

    <<Back | Home (目次へ) | Next>>





    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する





    Trackback URL

    http://spacetime.blog62.fc2.com/tb.php/10-ee2186b7
    (このURLをあなたの関連記事のトラックバック送信欄に貼り付け送信して下さい)
    FC2ユーザーはここからトラックバック (FC2 user can trackback this article here)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。