Haman Karn Blog

Haman Karn and Marsist Revolution: Dark Energy Beyond the Time

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:-- |
  2. スポンサー広告
  3. | ▲HOME

Episode 24: ルー・ルカとレコア・ロンド "Roux Louka & Reccoa Londe"

24a
  • エウーゴからネオジオンに移ったルー・ルカ (Roux Louka) については、私たちはアナハイムによる潜入ではないかと疑っています。というのも、私たちはシャングリラ作戦の極秘ファイルの中にルーの名前を見つけていたからです。


  • 詳細は書かれていませんが、ルーがシャングリラ作戦に関わる重要な極秘任務を受けてジュドーらと行動を共にしていたことは間違いありません。リィナをアクシズにさらわせたのがルーであったという状況証拠も見つかっていますし、戦後にジュドーと共に木星圏に向かった(おそらくハマーン様の生存を彼が公言しないよう監視するため)のも彼女です。


  • ルーがシャングリラ作戦の工作員であったとなると、ルーとグレミーとの一見不自然な関係に、実は第一次ネオジオン戦争の真相が隠されていることが分かります。ルーはネオジオン右派を利用しようとするアナハイム・連邦上層部の意向通り、裏でグレミーに接近を図りました。リィナをルーから受け取り、強引にネオジオンに引き留めていたのはグレミーです。そしてネオジオン分裂という政治的目的が達成された直後、ルーはグレミーを殺害します。当然グレミーは自分たちの後ろ盾が本当は誰なのかを知る立場にあったのですから、真相を暴かれては困る者達の意志により葬り去られたわけです。


  • 今回のシャアへの接近についても工作活動が行われている可能性は十分あります(まだ証拠は見つかっていませんが)。ルーはシャングリラ作戦の幕引きとしてエウロパでジュドーを殺害した後、おそらくシャアに惹かれて一人でネオジオンに乗り込んだと思われます。彼女の場合、過去の経緯からみて、私的な動機と工作員としての立場が複雑に交錯しますので、今回もそのような展開になる可能性が高いです。レコア同様どん欲ですから彼女。まもなくルーは出産するとのことですが、シャアの性格があれですから数年もすればルーとも疎遠になっていくことでしょう。グレミーにしろジュドーにしろ、ルー・ルカを抱いて支配者たちの駒にされた男達は最終的に全員消されてきましたが、今度はルーがシャアに消される番でしょう。システムの枠内で役割を演じている限り、所詮は小者です。


  • そういえばかつてエマさんと戦ったレコア・ロンド (Reccoa Londe) は、「女」であることの意味をはき違えていた人ですね。シャアとパプテマスに進んで利用され、それでも女として充足していると思いこんだり、自分はエマさんのような主義者ではないなどと思い上がったりと、非常に気の毒なM女だったと思います。世の中には女と男の二つの性しかないなどと勘違いしてましたし。エマさんは少なくとも、男に依存したり安易に自己本位にならず、男よりも強くありながら男の論理に飲まれない人です。オールドタイプのレコアはニュータイプのエマさんに女としても敗北したのだと思います。


  • ハマーン様は強い男にあこがれたのではなく、または支配者達の作った秩序内に自分の存在意義を限定したのでもなく、むしろ女の力で人とシステムを変えようとしてきました。ルーやレコアと完全に対照的なニュータイプの女性です。男がそれを理解するなら共に歩むが、そうでなければいらん、というのがハマーン様です。旧い思想に縛られた地球圏では、ハマーン様は「普通」の女性になれなくてかわいそうな人だとか、本当は強い男に頼りたかったなどと勝手に解釈されていますが、その感覚こそがオールドタイプなのです。


  • スポンサーサイト

    1. 2006/04/11(火) 16:44:45 |
    2. Episodes
    3. | Trackback:0
    4. | Comment:0
    5. | 宇宙時代 : その他 | ▲HOME

    <<Back | Home (目次へ) | Next>>





    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する





    Trackback URL

    http://spacetime.blog62.fc2.com/tb.php/27-842fc72f
    (このURLをあなたの関連記事のトラックバック送信欄に貼り付け送信して下さい)
    FC2ユーザーはここからトラックバック (FC2 user can trackback this article here)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。