Haman Karn Blog

Haman Karn and Marsist Revolution: Dark Energy Beyond the Time

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:-- |
  2. スポンサー広告
  3. | ▲HOME

Episode 3: 火星主義革命運動の形成(1)サンズ "Marsist Revolutionary Movement 1: SANTH"

03a
  • 火星圏での反体制運動の台頭は、地球圏の支配者に対するアクシズの決起と無関係ではありません。サンズの前身団体であるニューホープ火星主義協会 (New Hope Marsist Society) の中では、ハマーン様に対する評価は割れてはいたものの、すべての人々がハマーン様を強く意識していました。


  • それは私たちのようなフロンティアでくすぶっていた弱小グループが声を大にして言えないことを、彼女が代弁してくれていたからです。私も初めてハマーン様の演説中継をストリーミングした時はとても興奮しました。私たちも何か大きなことができるのではないか、そういう勇気をハマーン様から受け取ったのです。


  • 88年、火星の首都ニューホープ市においてサンズ、すなわちニュータイプ宇宙連合 (SANTH: Space Alliance for New-Type Humanity) が結成されます。「ニュータイプ」とは新しい人類(new-type human)、すなわち地球に起源をもつ引力に魂を惹かれた初期人類(ホモ・サピエンス)が進化して宇宙の真理に適合した次なる知的生命体のことを意味しています。私たちはまだ現時点ではその進化を始めたばかりの発展段階に位置しています(写真:サンズ初期のロゴ。中央のサンズエンブレムは宇宙の進化発展と幾重もの未来=パラレルワールドを象徴している)。


  • 私たちは火星中心主義ではなく、宇宙の力と共に生きようとしています。ですから「宇宙主義(universism)」という用語を使う人もいますが、サンズでは「火星主義(Marsism)」を意識的に採用しています。私たちは地球文明からの自立を強く意識していますが、それは生命体の永遠に続く進化の一過程に過ぎない(only a step in eternal evolution of living organism)ことを自覚しているからです。


  • また、金と権力の重力で歪んだ秩序の上で飼い慣らされた初期人類(オールドタイプ)はナイーブにも自分だけは「主義者(-ist)」でないと思いこむ傾向がありますが、人類が宇宙との融合によって主義(人が作り出す目的信念)を完全に脱することができるのはずっと遠い将来のことだということをニュータイプ人類は知っています。本人の自覚がどうであれ、私たちはまだ所詮、何かをあるべきものと信じ込み、人や歴史が用意した役割を演じながら生きています。ニュータイプがオールドタイプよりも進化しているのは、大宇宙(大自然)の中で自分たちはしょうもないヒヨっこ生命体に過ぎないという謙虚さをもつ点にもあるのです。その点ではニュータイプは古代人類との接点を持っていますが、地球の主義を乗り越えることで宇宙の力の一部を初めて手にするニュータイプは宗教に依存しなくてもその謙虚さを保つ道を見いだすでしょう。


  • ともあれ、アナハイム社に最初から政治経済をコントロールされてきた火星圏では、私たちのような火星主義結社は非合法ではないものの、実際には地下活動のようなことを強いられていました。反体制活動への関与がアナハイム当局に知られれば、就職で不利益を被ったり不当な理由で逮捕されたりするということは自明でした。


  • でもすぐに私たちの主張は、火星や火星圏コロニーの人々、アンチAEの言論界・科学界・非営利組織や少数派政治団体の一部からも支持を獲得しはじめました。

  • スポンサーサイト

    1. 2006/04/10(月) 23:45:52 |
    2. Episodes
    3. | Trackback:0
    4. | Comment:0
    5. | 宇宙時代 : その他 | ▲HOME

    <<Back | Home (目次へ) | Next>>





    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する





    Trackback URL

    http://spacetime.blog62.fc2.com/tb.php/5-33cfae33
    (このURLをあなたの関連記事のトラックバック送信欄に貼り付け送信して下さい)
    FC2ユーザーはここからトラックバック (FC2 user can trackback this article here)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。