Haman Karn Blog

Haman Karn and Marsist Revolution: Dark Energy Beyond the Time

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:-- |
  2. スポンサー広告
  3. | ▲HOME

Episode 5: 旧い地球文明の否定 "Rejection of the Old-World Earth-ish Civilization"

05a
  • さて、火星主義革命 (Marsist Revolution) の最終目的は「人類のハマーン化とシステムのΛ化」(平たく言えば生命と宇宙の再結合ですが、詳しくは後ほど説明します)を通じた新しい生命圏の創造ですが、私たちはさしあたって革命の前段階として、愚劣な地球文明を拒否する (rejection of decayed Earth-ish civilization) 必要があります。


  • サンズの設立綱領には、否定すべき地球文明のエッセンスとして、「地球中心主義、物質エネルギー依存、市場主義、資本主義、賃労働システム、土地・生産手段の私的所有、知的所有、営利企業、世界金融資本、大量生産・大量消費、国家、独裁制、国家社会主義、神、宗教政治、議会制民主主義、ミリタリズム、帝国主義、ナショナリズム、民族主義、官僚制、階層制、マスコミュニケーション、世論操作、盗聴制度、商品文化、貧困、精神的貧困、無知、差別、暴力的言動、環境破壊、家族制度、家父長制、マスキュリニズム、個人主義、全体主義、欺瞞的公私分裂、表層主義、倫理道徳主義、エロス抑圧 (Earth-centered ideologies, dependence on material energies, market economy, capitalism, wage labour system, private ownerships of land and means of production, intellectual property, profit-making corporations, global financial capital, mass production and mass consumption, state system, dictatorship, state socialism, god(s), religious politics, representative democracy, militarism, imperialism, nationalism, racism, bureaucracy, hierarchy, mass media, control of public opinion, wiretapping system, commercialized culture, poverty, mental poverty, ignorance, discrimination, physical and verbal violence, environmental disruption, family system, patriarchy, masculinism, individualism, totalitarianism, delusive division of private-public spheres, superficialism, moralism, repressed eros) 」があげられています。こうした時代錯誤なオールドタイプ用システム・慣習・イデオロギーの火星圏への移植を一刻も早くやめさせる必要がある、というのが私たち火星主義運動に共有された意識なのです(写真:サンズ発行のポスター)。


  • ちなみに火星主義はジオン・ダイクンのコントリズムとは全く異なります。たしかに両者は宇宙に出た先進的人類に希望を与えるという点で共通点はありますが、私たちは非科学的な聖地思想は受け入れませんし、単なる政治的独立を目指しているわけでもありません。かつてのジオン公国やネオジオン右派勢力に至っては、スペースノイドの先進性を地球的な「選民思想」に曲解し、地球人を武力で脅して富と権力を自分たちのものにしようとすることで、愚かしくも自ら地球化=オールドタイプ化=退化してしまいました。地球連邦に宇宙での軍事行動と植民地化の手っ取り早い口実を与え、地球文明原理主義勢力たるティターンズの台頭を招いただけのジオニズムは、私たち火星文明の進化の方向とは全く相容れないものです。また旧世紀の様々な進歩的知見(リベラリズム、ソーシャリズム、コミュニズム、アナキズム、フェミニズム、マルチカルチャリズム、エコラディカリズムなど)が程度の差こそあれ地球文明の部分否定(いわゆる三次元覚醒)に過ぎなかったのに対し、火星主義は愚劣なる地球型文明を核心から覆し、システムと人間性(つまり文明総体)の全面的な革命を通じて、新しい生命圏・新しい歴史の創造をめざすという高次元覚醒なのです。


  • スポンサーサイト

    1. 2006/04/11(火) 00:28:23 |
    2. Episodes
    3. | Trackback:0
    4. | Comment:0
    5. | 宇宙時代 : その他 | ▲HOME

    <<Back | Home (目次へ) | Next>>





    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する





    Trackback URL

    http://spacetime.blog62.fc2.com/tb.php/7-0b939671
    (このURLをあなたの関連記事のトラックバック送信欄に貼り付け送信して下さい)
    FC2ユーザーはここからトラックバック (FC2 user can trackback this article here)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。